気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

広瀬隆氏:文字起こし続き

【インタビュアー】
今回の日本の各メディアについてどう思いますか?

【広瀬氏】
一番批判したいのは、あのNHKの科学文化部の某なんとかというのがね、
今朝も言ってましたけどね。

「ただちに健康に影響はでない」

ただちってどういうことなのか、
なぜみんな追求しませんか?
1ヶ月後ですか、1年後ですか、冗談じゃないです。
ガンなんてのは、何年たったって、出る可能性はあるでしょ。
体内に入って、わかんないでしょ。
そりゃ人によってみんなちがうわけです。
で、とくに危ないのは子どもたち、幼い子どもたちなんです。
とうとう、私の孫の高校生も言い出しましたよ。

「外国いく」って。「だって、俺黙って死ぬのは嫌だから」

正しいでしょ、今そういう状況なんです、本当に。
事実を知ったらね。
だから軽々しく言っちゃいけないんですよ、
そういうことを「大丈夫だ」とか。

今の段階では「危険であるから」と。
少なくともこんな事故が起こって。
アメリカでもドイツでもこんな事故が起こって、
こんな表現は、こんなマスコミは無いですよ。
絶対しないですよ。

「危険だから逃げなさい」

ということをきちっとやりますよ。
日本はTVつけても何も起こってないようじゃないですか。
信じられない。

【インタビュアー】
私もね、各チャンネルを見ながら一番みたいのは、
今日2回測定してるじゃないですか、
あの方法は意味ないっておっしゃってるけれども、
せめてTVでずーっと流して欲しい。
各地域の放射線の濃度。
停電の話より、はるかに、そっちを流して欲しいです。

【広瀬氏】
私もびっくりしたのはおとといの東京に汚染したっていうのが、
ドイツ人が解析した動画がね、インターネット調べてたら出てきて、
ガクっとしました。
なぜってドイツ人はもう解析してるんです。
http://www.spiegel.de/images/image-191816-galleryV9-nhjp.gif
太平洋側に流れてるんですね、
それが風向きが変わって東京方向にね、
降りてくる動画を全部作ってるんです。

それを見せるべきでしょ!日本人全部に。
そんなことはできるはずでしょ!
できる人がいるはずでしょ!
そう思いません?(怒)
これだけCGやなんだって
いろんなことをやってる大学教授たちが
何もしてないんじゃないですか?
我々に教えて欲しいです、今。そうやって。

放射性物質を測れる技術を持ってる人はいるんです。
東海村だとか、たくさんいるはずですから。
そういう人たちがいろんなところを回って、ずーっと測るべきですよ。
それで!これくらいのことが起こるとか、
そういう安全論とか、危険論とかを論じて欲しいんですよ。
なんにも資料もなしにね、

「ただちに健康に影響の出る物ではない」

なんてことをね、NHKがまあ、たびたびやってるでしょ!
「いい加減にしろ」っていうんですよ。
本当に許しがたい。
ここまできたらあの人間たちは、平気な顔してやってますけど、
「犯罪者」ですよ。子どもたちに対して。

【インタビュアー】
ただ恐いのは、震度6以上の地震がまた起こるかもしれないって言われてて、
そういった影響はどうごらんになりますか?




http://www.youtube.com/watch?v=2SjaWC1_dQg&feature=related
【広瀬氏】
仮にね、私が言ってるようなことが抑えられたとしたら、
ほっとするかもしれない。
それはちがうんですよ。これをちょっとごらんください。
d0166615_8503564.jpg

ここに○が三つありますね、これがおととし、起こった駿河湾地震なんです。
このとき浜岡の原子力発電所が直撃を受けまして、
緊急停止したんです。内部は大変な状態になってね。
その時、前後して、伊豆半島の方で起こったんですけれど、
これはね私は予測していたんです。

おととしの4月に、地殻変動を国土地理院が調べてるんです。
毎日どういう変動が起こっているか。
駿河湾一帯がずーっと地殻変動続けてるんです。
回りもずーっと調べてったら、南長野まで動いてるんですよ。
そして紀伊半島調べたら、動いてないんですよ。

それで私の直感としてはね、
方向性で言うと静岡から長野の方に動いて行くんですよ。
ということは、この太平洋プレートが動いていると。
大変な動き方をしてるな、と。
これは、あっちこっち大地震が起こるんじゃないかな、
と思っていたら、案の定、
これが9月30日スマトラ島、マグニチュード7.6、
それで10月にバヌアツで7.8(マグニチュード)でしょ、
9月にサモア諸島でも8.0でしょ。
これ全部太平洋プレートなんです。

これが日本の下にもぐりこんでいるんです。
1000キロの深さに。
日本列島の長さくらいの深さに。
そして、去年の2月、チリ沖でついにね。
太平洋プレートが動けば(隣の)ナスカプレートが動くんです。
で、オーストラリアプレートも動くんです。
みんな連動してるんですよ。
だから太平洋側の原発がみんな危ないと思ってたんです。

【インタビュアー】
つまりもっと大きな地震くる、ということ?

【広瀬氏】
おとといでしたかね、静岡で大きな地震ありましたね。
今度の地震と連動してるんです。
TVに出てくる地震学者、みんな無関係って言ってますが、
嘘ですよ。あんな地震学者信じてきたから、
こんなことになったんだ。

これはね、本物の地震学者、石橋克彦さん(のグラフ)です。
d0166615_851612.jpg

日本でただ一人しかいないと思うんですよ。
だって、地震予知連絡会なんて、何を予知してくれたんですか。

石橋先生のこのグラフ、小田原地震と呼ばれてるんですが、
グラフがまっすぐきてるでしょ。きれいに。
この年月もぴったり(等間隔)できてます。
この最後のところですが、1998年で起こるべきなんですよ、
でも起こってない。
実を言うと1923年、ってなんですか、
これは関東大震災なんです。
小田原で起こってるんだけど被害が関東だったから、
みんな関東大震災として覚えてる。
そこで1998年で起こるはずが、起こってない、
今年はそれで13年たってる。

これを起こすのは、太平洋プレートがぐーっと下がってる
その上に乗ってるのがフィリピン海プレートなんです。
これが動いてるんです。
今、猛烈な勢いで、まだ止まってくれないんです。
それが今度の地震だったんですね。
チリ沖地震と連動してるんです。
地球がどういうふうに動いてるか我々にはわかりません。
だけれども動いてることはまちがいないんです。

【インタビュアー】
平均73年という周期だったのが、
今回は+13年になってる。

【広瀬氏】
だからね、石橋先生は、なんで延びてるかと言うと、
関東大震災の時にとてつもないエネルギーが解放されたんじゃないか、
とそれも推測です。おそらくそうだろう。
だけど、そんなにもともとないだろう、と。ひずみはね。

今はひとつ申し上げましたけども、もうひとつ。
それは相模湾で起きるんです。
相模湾のむこうにあるのは静岡県の駿河湾です。
おととし動いた、あそこが壊れる可能性があるんです。
どっちかが、くるんですよ。
私は確信してます、これはもう近いうちに起こる。

【インタビュアー】
そのような確信もってらっしゃるなら、
現在他のまだ稼働してる原子力発電所、どうすべきか?

【広瀬氏】
今度は駿河湾です、浜岡原発です。
今回は津波でやられましたが、今度は揺れでやられるんです。
まちがいなく。
私は首をかけて言いますけど。
絶対にもたないです。

マグニチュード8.4が今度は直下で起こるんですから。
直下ですよ。駿河湾で起こるんです。
駿河湾は下に入ってるんですから。
その上のユーラシアプレートがぼーんと持ち上がるんです。
直接その上に原子炉が立ってるんです。
そんなものがもつはずないんです。
1、2m隆起するんですよ、土地が。
その上に建物があって、それが大丈夫と思います?

【インタビュアー】
その話をするとかならず出てくるのが、浜岡原発まで止めたら、
経済大打撃をうけて、それでパニックになって。

【広瀬氏】
いや、それはトリックですよ。

【インタビュアー】
国はもう、3分の1は原子炉だから、やめられないと。

【広瀬氏】
それはぜんぜん嘘です。今まで今年までですよ、
発電量のピーク時はだいたい夏の午後2〜3時。
夏ですよ、ごく短い時間帯なんですが、その年間の最高使用量ね、
それは火力と水力だけで間に合うんです。
今でもですよ。

【インタビュアー】
でも、今回の停電は福島の原発が止まったせいでは。

【広瀬氏】
それは、関係ないんです、今度の場合は、
こういうときバックアップとして大量の火力持ってますから、
全部大丈夫なんです。
ところがその火力も今、止まってるんでしょう。
その火力の状況は我々にはわからないんです。

だけど東京電力が本当に電力が足りないというんなら、
こんな季節ですから、ぜんぜん余ってるんです。
だから火力にいろんなトラブルが起こって、
復旧に手間取ってるだけなんです。
こんなものはぜんぜん大丈夫ですよ。

なぜかというと東京電力が持ってる、
福島と柏崎と17機あるんです。
これが一回、ちょうどこんな季節に全部止めた事あるんです。
停電になりました?無いでしょ。
それは大丈夫なんです。
それだけ、バックアップの火力水力、持ってるんです。

今たまたま、この地震で火力の方、
なにかトラブルもって(たぶんそれは燃料の補給じゃないかと)
推測ですけどいろいろな事があったり、
輸送の問題があって、
たぶんそういうことで、なかなか補給ができない、
だから火力の問題なんです。
だけど火力の場合はこういう事故は起こりません。
トラブルで終わるんです。
それは、完全にすぐ復旧できることです。

【インタビュアー】
今、ドイツ政府が80年代に作った原発7機をすぐに止めることにしました。
で、中国政府の温家宝主席がこの前の国務院緊急会議で、
原発の計画中止ということになりました。
また他の国も今後、根本から国のエネルギー体制を
改めて考えるという意思表示でましたが。
今回のこの現状の福島はどう処理するか別として、
今後の日本のエネルギー体制、これがきっかけとなって、
変わることになるでしょうか?

【広瀬氏】
私は、これは国民の問題だと思うんですよ。
基本的に国民がどれだけ、その問題を理解するかと。
この危険性を。それにかかってると思うんですが、
悲しいかな、この一週間ずっとTVを見ていて、
まともなことをしゃべる人が一人も出てないんです。

【インタビュアー】
なぜでしょうか?

【広瀬氏】
それがわかんないんですよ。
今まで、少なくとも15年くらい前までだったら、
こんなことはなかったです。
私なんか出なくていいんです。
京都大学の小林圭二さんとか、小出裕章さんとか、
慶応大学の藤田祐幸さんであるとか、
先ほど申し上げた原子力設計者の田中 三彦さんとか、
こういう方たちが出てしゃべってくれればいいんです。
そうすれば国民はどんどん事実をわかっていくんです。
一人も出ないじゃないですか。

【インタビュアー】
原子力の設計者、あえて呼ぶ理由はなんですか?
その方はなぜ出ないんですか?考えが変わったんですか?

【広瀬氏】
田中さんですか?
田中さんは元日立の原子力設計室の主任だった方で、
福島第一のうちの1機を設計された方なんですが。
自分が会社にいたときに、原子力のお釜に圧力容器を製造してる時に、
日立が不正をしたと。
ということを自分で見てるんですよ。
だからもうたまらなくなって、
チェルノブイリの事故のときに、
内部告発してくださったんです。
それから、柏崎を全部止めたいということをずーっと活動されて、
身を粉にして走り回ってきて、
今度の時も、
「今おれは、柏崎から戻ってきたところなんだよ。
 もう全部吹き飛んだな」って言ってるんですよ。

【インタビュアー】
それを作った方が言ってる。

【広瀬氏】
そう、日本中の54機の原発すべて止めたいんですよ。
今日はね、まだほんのちょっとしかお話してないんです。
本当に恐いことをもう一つ言わせて頂くと、
(ため息)若狭湾に14機の原発があるんです。
「もんじゅ」を含めまして。
それから青森県「六ヶ所村」ここにね、
日本中の試料(?)集まってますから。
あそこがいったら、日本中がいったって話じゃないでしょう。
チェルノブイリの何百倍の話になるわけです。
[PR]
by wakeup71 | 2011-03-19 08:54 | 原子力発電 | Comments(0)