気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

テネモスむちむち放射線講座2

本当に良く書いてくださってるので、もう少し引用してみる。

http://pekepekedan.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
◆ 放射線への対策 … 圧をあげるしかない
              ↓
  圧を上げる方法は、いくつかのパターンがある
  電気や微生物などを活用する方法  道具の使い分けがあるだけ。

  料理の火加減も、圧力を変えている世界。
  圧力の変化で、結果が変わってくる。

  物質的には、原子はこれ以上小さくならない
  ゼオライトに吸着すると言っても、ゼオライトを使った後、それを全部保管して行くしかないのが、今の状況。


◆ 本来は、形を問わない世界で変えられる。

  この世界を、粘土だと思ったらいい。

  カタチに名前をつけているけれど、形のないものに名前は付けられない。
  唯一形のないものについている名前が「いのち」

  その「いのち」がすべてを作っている … 命名
                       ↓
                   命に名前をつけることをいう

  ひとつのいのちがすべてを創っている。

  人数分のいのちがあるわけではない。

  ひとつのいのちがすべてを動かしている。

  微生物と言うと、小さいものが動いているというイメージがある。
  これらが動いている状態が、「波動」とか「振動」として表現されている。

  微生物(=いのち)が、波動で、振動で、すべてをつくっている、ともいえる。
  微生物がいのち 生命波動。



◆ 微生物とは何か  = 空気。

  空気が固まったものが、物質。
       ↓
  波動周波数
       ↓
  周波数を変える = 形が変わる

  放射性物質が、違う形になれば人体への害の産むや程度も変化する
  この世はすべて、変化しているだけ


  大根おろし・・・・・・・・元大根
  大根の短冊切り・・・・元大根
  同じ大根でも、味も舌触りも全然違う

  人参でも何でも同じこと もみじおろしも、煮物も、元人参
  食べ物だけでなく、何でも同じ。

  放射線、重金属、ダイオキシン
  悪化している微生物を変化させてあげると害が消える。

  バランスをとっている代表的な物が、酸素と水。


続き
http://pekepekedan.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
〜前略〜
  個々の魂の世界ではダメ。
  おのおのの魂がひとつになって、「ひとつのいのちとして生きてゆく」ことが
  自然を作り出している 自然科学。


  放射線への対処も同じ
  オタマジャクシが、打ち出の小槌でみんな、それぞれ克服していくことが永続性のある改善の秘訣となる。

  やるかやらないかの世界 自分自身が得をする。
  良いも悪いも みんな自分に返ってくる

  善で動けば善が返る

  幸せを出せば幸せが返る

  不幸を出して幸せはかえらないのが原理

  原理・原点に生きるのが良い。

  結果で結果 (物に物をあてがうやり方)は一時的
  原点からなら無限  意識に勝るエネルギーはない


◆ あるままの世界がいい

  出来る人とできない人がいるなら、こういう話をすることも失礼になる。
  素質のないものを「やれ!」というのは、失礼なこと。
  出来ない人はいない。 
  やるかやらないかだけ。

  生命には上下はない。やるかやらないか、だが…

    上層に位置している人たち  欲望の塊
    下層に置かれている人たち  欲望で得ようとするカタマリ
    通常の欲望 … 物を得ようとする力

    同じ欲望なら、原理を得ようとすること

  結果を求めるな  結果を求めても意味はない
  原点に生きることが大事

  どうやったら意識を上げられるか、は、教えられない けれど、
  こういった考え方なら、といえるのは、「感謝」 と、得てきたものを出せ、
  ということ。

  もう、選択する時期じゃない
  しっかり本気で、遊びましょう! としかいえない。

  人生は遊び ということの意味  ⇒ どういうことなのか?
  (結果を求めず、原点に生きる生きかた)

     名誉や財産を得る ・・・ 結果にあること
     どうしてこうなるかを求めていく ・・・ 原因にあること



テネモス・ミーティング   H23.7.27
http://pekepekedan.blog.fc2.com/blog-entry-35.html
〜前略〜

 本来の科学というのは、宇宙の原理そのもの。
 宇宙の原理を応用していく世界。
〜中略〜
 見えない世界は原点。

 どうやって原点が見えるのか?といっても、それは、見えない。
 ただ、結果を見ると、原因を感じられる、「感じていく世界」。

「どうやって?」は、自分で集中して見出していくしかない。
 本人がやってみて、はじめて実感できるのが、原点。

〜中略〜
■ 放射線をどうしたらいいか・・・

 いま、放射線がたくさん、はびこっている。
 放射線、どうしたらいいか?が、目先の世界になっている。

 原発からの放出がなくなって初めて、大気汚染が減る。
 大元から、たくさん出し続けている限り、いくら除染しても繰り返し。
■ 大気や磁場の汚染

 放っておくと、自然によって、治癒される。  
 放っておくと、治す方向に働く。

 しかし、消える前に、相当な、見える世界での大掃除が出る。

 天は本来、災害を出す世界ではなく、汚染を清め、掃除していくだけ。

 自然は無差別。  
 必然として動いている。

 だが、1つだけ。
 法則を認め、法則に則っていけば助けられる。
 自然はどんな状態でも、助けるものは九死に一生ででも、助ける。

 自然は絶対なる善で動いている。


■ 意識圧とは何か?

「意識圧」  
 どこまで法則を認め、法則に則っているか?

 意識圧とは何か?を、理解していく必要がある。

 いま、ここにいるみんなは、空気を吸って生きている。
 空気から見れば、みんなひとつの空気を吸って生きている。

 自分(肉体)を我々として生きるか?
 空気を我々として生きるか?

 気は正常に流れている。
 そこに反対していく世界は無差別に掃除されていく。


■ 生きる、生かされる

 日々、肉体が変化していく。

 生きているもの と、
 生かされているもの は、  

 全く逆の世界。

 生かされている世界に行くと、健康とは、気に則って動く世界だとわかる。

 運命は、命を運ぶと書く。
   
 命の使いかた、が重要。
 人の数だけ命があるのではない、ひとつだけ。

宇宙 = たったひとつの生命体。
    人々は、一つ一つの細胞のようなもの。
    人体にも60兆の細胞。

宇宙 = ミクロとマクロが同居している。
    全く瓜二つの相似形。 構成力は同じ。

    自分が生きて行く力
    飛行機が飛ぶ原理
    掃除、洗濯     みんな同じ。

 どこが同じなのか?と、真剣に考えてみたらどうでしょうか?

 こうしたことが、わからないと神秘的と思う。
 レベルが低い(意識圧が低い)と、馬鹿にする。

 人間は、同じレベルの人としか、同調しない。
 いつのまにか、別れてしまうお付き合いがある。
 同じ考えの種族が残る。


■ 高い周波数にするには

  周波数

 来るものは拒まず、去るものは追わず。
 親子であっても、意識が違うと離れる。

 周波数を決めているのは誰ですか?
 周波数を変えられるのは、自分だけ。

 高い周波数に自分が合わなければ同調できない。

 高い周波数にするには 「一体感」 
 ( = 分離感を離れる)

 1つのいのちが全てを生かしている。


続き
http://pekepekedan.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
〜前略〜

■ 個々の意識が成長した時が、地球の意識が上がる時

  自分の意識が上がる  =  地球の意識が上がる

  自分の意識が高まると、自然と地球の意識も高まる (浄化能力)  

〜中略〜

■ 自分の意識が高くなると、地球の意識が高まる、というのは、
  掃除屋さんがこなくてもいい方法に繋がる。

  地球の浄化は、自分の意識革命だと思っていい。

  住んでいる人の意識が高ければ、地球そのものも高いレベルに順応していく。

  どんな状況でも、天は、「絶対なる善」で存在しているので、
  自分たちの意識革命が地球の浄化とイコールになる。
  (自動的に汚染が消える)

  そうした世界に入りたいのか?どうか?だけが、それぞれの選択。

  長生きしても、そこに意識が働かなければ盲目の人生。
  いま、なるほど、と思って理解したらいい。

  分離感でなく、一体感で過ごしていく。

〜中略〜

■ 意識を上げる
    ⇒ 一体感を持つ 分離感をなくす
        ⇒ 欲望を消す

  なぜ、人々は「欲望」を持っているのか?
    ⇒ 「自分のものではない」と思い込んでいるから欲しがる。

  通帳に入っていなくても、意識体には、この世界全部より大きな額が入っている。

  おろし方がある。
    ⇒ 「一体感」で生きれば、「必要な分だけ」下りてくる。
       みんなのためのもの。

      一種の物質化現象を起こす。
      (お金の前に、その必要なものの形で来たりする)
   
  個人的なものでは、絶対に生まないが、
  個人的なものではなく、全体的に「こうしたい」と思えば生んでくる。

  全我として必要なものは、必ず産んでくる。

  出来る範囲で生まれてくる ⇒ やってみる ⇒ いいか悪いか 反省する

  原点が狂っていれば、結果は出ない。
  全我、全体を一体感として、が、最低のベース。



 あのひと嫌いとか、
 おかしい、とかいうふうに思うというのは、そのこと自体がレベルが低い。

 生命体として生かされている限り、分離感をなくすように努力するしかない。
   ⇒ やったものしか、結果は出ない。

 いくら経験者が話しても、実感がないものは、納得しない。

 末期がんのような状態の地球。
 でも、「自分たちさえなんとかなれば、地球がなくなったってどうってことないよ」と、
 どこ吹く風の人達もいる。

 ひとつだけ、方法がある。   
 簡単でむずかしい世界。

 ものが変化する、というのは、
 気圧と内気圧の差、による。
 だが、外気圧も内気圧も、どちらも見えない。

 外気圧がわからないのだから、
 自分の内気圧もわからない、が、たしかにこれによってモノが変化している。

 放射線が消えるのも、外気圧と内気圧の差の力。

 自分の中の意識圧が上がってくると、放射線だけでなく、重金属でも何でも、絶対に左右されない。
 また、自分の圧が低下して、外気圧のほうが高くなると肉体は汚染される。
  ⇒ だんだん体調が悪くなり、癌になったり、いろいろな障害が出てくる。
 見える世界は結果。


質疑応答
http://pekepekedan.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
〜前略〜

Q. 自然の法則には、偶然はない。必ず必然でおきて来る、ということですが、
  街づくりなどの環境を整えるときに、どんなことに気をつけたら?というヒントを。

A. 欲望はエゴ。 

  自然は浄化システム。(無限循環の仕組み)

  人間の欲望、金儲け、都合でリゾートを作るのとは違う。

  小川も何も必然。
  人工的に埋めたり、移動したり、の、しっぺ返しが天変地異。

  自然は、法則が創っている。 ⇒ そこはお手本!!
    活かしていくなら一体感の世界。
    たとえば、建物を作るにしても、小川の流れを変えるのではなく、生かしていく。

  それを、ぶった切って便利にしたり、というのは、破壊。
  破壊には、必ずしっぺ返しがくる。

  人間が作ったものは、壊しても全然問題はない。
  自然が創ったものを壊すと、しっぺ返しが来る。

  害を及ぼさないコンクリート創り、とか、風なら風と順応した世界で作り出していくと
  大きな害は出ない。

  反動を起こさないようなものを作っていくという工夫が必要。


Q. 人間の意識圧を上げるには?

A. いかに、分離感をなくして、一体感を持つか?

  一体感といいながら、「あの人は変!」と言っていれば、下心に反応する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一体感というのは精神世界の話でいうワンネスのことです。
一体感は人間だけがもっていない感覚で、
動物も昆虫も植物もすべてもっています。
だから、かれらは自然に害をなすような行動はまったくしません。
けれども、その生き物なら誰もが持っている感覚を、
人間は忘れてしまって、原子力や石油、石炭などの燃料をつかうようになった。
飯島さんは、もう一度人間が一体感をもてるようにならないと、
一時的に放射能を収めても、もとにもどってしまうと思っているようです。
せっかく除染しても、みんなの意識が上がらないとどうしようもない。
また原発推進してしまう。

自然や動物がもつ一体感を人間がもてるようになることは、
意識が上がるということになります。
これが飯島さんが言う、意識圧があがるという意味です。
ヨガや瞑想をして、心の垢をなくし、一体感に近づいていけば、
放射線の影響を受けなくなるということです。
[PR]
by wakeup71 | 2011-10-09 22:51 | 日常生活 | Comments(0)