気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

人はなぜ結婚するのだろう


d0166615_02255544.jpg
人はなぜ結婚するのだろう。
誰も、その先の困難を教えないからか。
とくに女性にとっては永遠の奉仕の始まりだ。

もしも、全くの無報酬で
誰かに料理を作ったり、
身の回りの世話をすることが、
生きがいでない限り、
女性は結婚しない方がいい。

子どもが欲しいから、
という人もいる。
自分が欲しいというだけで、
この先の子どもの未来について、
何の保障もないのに産むのは、
いかがなものだろうか?

結婚は、人間にとって
何の幸せを与えるものではない。
それは、むしろ
長期にわたる、巨大な困難の始まりだ。

相手や子どもを自分の意のままにしていないか。

相手や子どもに望んでばかりいないか。
身勝手な愛を求めていないか。
それは、結婚に値する愛ではない。

問題なのは、誰もその事を伝える人がいない。

性的な愛は必ず衰える。
男性にとっては性衝動と愛の違いが分からない。
性衝動で結婚してしまったら、
相手の女性は早いうちにがっかりする事になる。
それはゲームと同じで飽きるからだ。
女性の鬱の原因は、男性に相手にされなくなるからだ。
だが、残念ながら、必ず相手にされなくなる。

結婚するならば、浮気や風俗くらい許さなければならない。
それでも、女性は家事や育児をして、
家庭を守らなくてはならない。
そうしなければ、家庭は崩壊する。

女性は忍耐強く、愛深く、
家族への奉仕に喜びを感じて
生きなければならない。
それが、結婚だ。

というか、結婚はもう、女性次第だ。
女性が、結婚をプロデュースしてるのだ。
プロデューサーが投げ出したら、
物事は成り立たない。

家族を支えてるのは、女性だ。
国を支えてるのは、家族だ。
だから、国を支えてるのは女性だ。
世界を支えてるのは女性だ。
無報酬で家事や育児をして、
その上、働きに出て、家計も支える。
女性は、オールマイティだ。

女性は愛で出来ている。
やわらかな、素晴らしい存在だ。
人間の社会は、女性無しでは成り立たない。

結婚する事は、そんな女性になる事だ。
男性は、残念だが、女性ほどの力はない。

もしも、女性が大いなる愛の力に気づいて、
そのパワーを最後まで発揮できたら、
その結婚は成功だ。
それは、一種の悟りだ。

だが、嫌になって離婚して、
少女に戻ってしまったら、それまでだ。
母子家庭は、経済的には大変だ。
子どもに集中する事が出来ない。

だから、私は、
そんなに無理に結婚しなくてもいいと思う。
最初から自由に男性のように、
好きな仕事をして、稼いでいけばいい。
事業を始めてもいい。
外国で暮らしてもいい。

結婚が全てではない。
無責任な結婚で、すぐに離婚してしまったら、
とてもリスクは大きい。
結婚しなくても、
実は、悟りはすぐ側にある。
だから、結婚しなくても悟りは得られる。

どうか、すべての女性が幸せになりますように。


[PR]
by wakeup71 | 2015-02-16 01:07 | 日常生活 | Comments(0)