気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

金の通じない奴

遅ればせながら、やっと実体験として「自分はいない」意味がわかりました。

なんだろう。だけど、わかってる私はいない。

すべてがひとつのもの(金の通じない奴)(いえ、神、またはブラフマン)
なーんだ、そういうことだったのか。

金の通じない奴  というのは、阿部さんと雲黒斎さんの動画で言っていたことなんですが、
(すみません、すごくいい動画なんですが、2000円かかります。外出しにくい人にはすごく助かります)

その、、、私たちの世界の総元締めです。
プロデューサーであり、演出者であり、総出演者であり、動物、植物、大道具、小道具、
ぜーんぶ受け持ってる・・・神?様みたいな

で、私たちはそこに現れた3D映像みたいなもの。
浮かぶ思考も心配も揉め事も、演出だから何も気にしなくていい。

ここはその3D映画劇場で、その時しか存在してない。

そういうことだったのか。

幸せになる必要がある人はだれもいない。
だれもいない。

だれも存在してない。

気にしなきゃいけないダンナも子どもも
上司も職場も
友人もペットも、鳥も昆虫も植物も

もちろん自分も

みんな生命創造ナベ(そのつまりプロデューサー)から
ちょこちょこっとつまみ出されただけ。
出番が終われば存在しない。
存在してなかったんだ。

なんと軽いものでしょうか。

理屈ではわかってたけど、

実際に気づくと、、、

なんと 意味のない・・・・・

一枚の紙にかかれたスケッチのようなもの


d0166615_1627237.jpg

[PR]
by wakeup71 | 2015-05-06 14:05 | 日常生活 | Comments(0)