気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

夜空の星はなぜ見える

久しぶりに阿部敏郎さんの講演会へ行ってきました。
いつもさわやかで、楽しい話です。

日本人のためのノンデュアリティ。

向禅師も登場して、ちょっとした問答がありました。
その声の明らかなこと。目を覚まされること。

「悲しいときは、悲しい。嬉しいときは、嬉しい」

その場の気持ちを受け止めなさいというのが、
声から伝わりました。
夢をみていた私たちは、パチンと弾かれたよう。

グチをくどくど述べて、その場の気持ちになんとか言い訳をしたり、
誰かのせいにしたくなるのは、悪い世界を広げることになる。

感情はただその場で受けて認めればいい。
そういうことなんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、福岡伸一さんの「世界は分けてもわからない」を読んだら、
気になる本が引用されていました。

「夜空の星はなぜ見える」

古い本のようですが、キンドル版ではありました。
これは、おもしろい。

人間の目の構造からすると、遥かな星の光が見えるわけがないのです。
ほんとに、そのとおりだ!
誰もふしぎに思ったことがない。

本では、もう決着がつきにくくなり、量子力学が登場します。

ほらね、説明できないことは、だんだん量子力学になってきたでしょ。
観測結果は観測者によって変わること。

わたしたちの周りの科学なんて、すごく適当に作られていたんじゃないか?って。
やっぱり、たくさん勘違いや思い込みで、世界はできてたんじゃないのって。

ほんとのルールは、もっと地味で単純で、どっちかっていうと、
泥くさくて、子どもっぽくて、
そんなルールなんじゃないの?この世界のできたルールは。

d0166615_002337.jpg

[PR]
by wakeup71 | 2015-05-26 23:45 | 日常生活 | Comments(0)