気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

夢からさめるとき

ずっと前、まだアセンションなんて言葉が流行ってたころ。

ある時、「自分はすき好んでこの場に来たんだ」

と思ったことがあった。


殺伐としたルールだらけの世界。

誰もがお金のルールに縛られて、

自由がなく、ラットレースに巻き込まれ、

必死に生きている。

だけど、その世界をぶち壊す勇気のある人々が現れ、

大変革が起きて、その勇気ある人々の一人となり、

世界が変わっていく様子を見届ける。


そういうシチュエーションを作り、

そういう救世主的な経験がしたくて、

とりあえずストーリーを作り、参加している。


そんな気がしたことがあった。


それ、ほんとうだったんだなあ。


実際は、もしこの世界の夢が終わったら、

ぜーんぶ忘れちゃうんだ。

その時は、なにもかも忘れちゃう。

自分も他人もない。

お金も会社も友人も家族もない。


何にもなくなってしまう。

d0166615_1821432.jpg


どんなところなんだろう。

そこは。
[PR]
by wakeup71 | 2015-06-27 18:21 | 日常生活 | Comments(0)