気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

地下からの手記

地下生活になってから、どのくらいたっただろう。
人間時間で言えば、ざっと500年ほどだろうか。

菜食主義を通しているので、表には出られない。
だが、彼らをいつもチェックしている。

さて、想像してみてほしい。

もしもあなたが、たくさんの豚やひつじや牛を放牧している牧場主であるとしよう。
よりよい肉質、より健康で自然に育った家畜を育てたいと思うだろう。
乳を搾り、より良質な牛乳やバターを作りたいと思うだろう。

放っておいても、増えていくように自由な土地を与え、自由に育てる。
彼らがより楽しく命を生きていけるように。

楽しく共存し、できるならば畑を耕すことも手伝えるように、丈夫でかしこい牛を育てたい。

多少遺伝子操作をすれば、言葉もかわせるほど脳も発達するかもしれない。

そんなふうな広大な牧場をもっているとしたら。

さて、話ができるようになった家畜をどう思えるだろう。
殺せるだろうか?そのまま搾取できるだろうか?


もしもその広大な牧場で家畜たちが智恵をつけ、自分たちで社会を形成するようになったら。

自分たちで物を作り始め、平和により繁殖するようになったら。
思ったより、彼らの進化ははやく、知性を持ち始めた。

牧場主は彼らの前に、一見威厳があるようにふるまい、豊かな食物を与え、神としてふるまうことにした。
知性がある生き物は、宗教があると落ち着く。

家畜たちは自分たちで取引を始め、助け合って暮らすようになった。

牧場主は考えて、策を練り、なんとか彼らの社会を取り仕切れるように

お金の仕組みをつくった。

そのうちに、家畜たちは膨大な数となり、取りまとめるのは容易でないほどになった。
牧場主たちは、自分を助ける仲間を増やし、数人で家畜を仕切るようになった。

だが、その仕切るはずの牧場主が、家畜の社会を哀れむ気持ちが出てきた。


わたしは、地下から彼らの社会を見守ることにした。
今は、彼らの社会がおだやかに収束することを望む。

なにも知性がなかったころに、生き物は世界全体を感じて、
あるがままに生きていた。
たとえ死んでも、なにをうらむこともなく、運命を受け入れていた。

現在の彼らから、苦しみを生み出す知性を忘れさせてやりたい。

彼らの「自我」という知性を忘れさせて自然に帰してやりたい。

そしてこれらの世界全体が、地上も地下もなく、幻想であるということを思い出して欲しい。
牧場主ですら、実は家畜と同じなのだ。
命のエネルギーはひとつしかなく、それは幻想の遊びなのだ。

不思議だ。実に不思議だ。


もしも、本当に 神 というものがあるとしたら、

きっとそれは、なにも知らない、ほんの小さな子どもだったのだ。

われわれは、その子の夏休みの宿題なのかもしれない。

大きな水槽の中に、「二元世界」という課題を出されているだけの。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このごろ、はやし浩司さんという人が作られている動画を見ています。
非二元論を知らなかったら、こんな情報はとてもこわくて見られなかった(苦笑)
しかし、ありえないことではないなーという感想です。

ダビンチは今もまだ生きている

かなりの分量があるので、時間があるときでないととても見られません。
上の創作文は、はやしさんの動画から、生きているダ・ヴィンチのつもりで書いてみました。

学生のころも、今でも、絵を描くときにはいつも頼りにしていたダ・ヴィンチ。
もしも彼が生きているとしたら、会いたいだろうか?
どんな気持ちでいるのだろうか?
[PR]
by wakeup71 | 2016-03-21 16:56 | スピリチュアル | Comments(0)