気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

徒然なるままに「コンビニ人間」

最近、実家まで電車に乗ることが多く、
電車で読むものが欲しくて、
本屋で店頭にあった、芥川賞受賞作の
「コンビニ人間」を手に取った。

とてもおもしろく、共感するところも多く、
一気に読み終えた。

といっても、異色の作品だ。
淡々と語られるが、おだやかではない。

実は、興味をもって、
村田沙耶香氏の他の作品も読んでみた。

「殺人出産」と「消滅世界」だ。
これは、「コンビニ人間」が後に到達する世界のようにも、
思える作品だった。
コンビニ人間では、ぎりぎりのラインで抑えてあった世界が、
結末であざやかに広がる。
殺人であったり、異様なセックスであったり。

普段、平和な毎日を送りたいと思っている中年には、
ここまで書かれると少々疲れる。
「コンビニ人間」の世界までが、
知的な観察力、人間描写の巧みさを感じさせる、
一番受け入れやすいラインで切り取ってある。



しかし、まったくちがう話になるが、
この作者の表現する性的欲求を観察する視線は、
地球人でない感覚がある。

ずっと以前に読んだ地球外生命の特徴の中の、
グレイやゼータレクチルの説明を思い出す。
進化のために感情を廃した遺伝子で、生殖で繁殖はしない。
だから、彼らにとっては地球人類の生殖機能が
とてもめずらしい。というものだ。

「コンビニ人間」作者の視点は、まるで彼らのようだ。
進化した知的生物というのは、
やはり全体意識に帰るのであろうと想像する。
個人的な恋愛感情や、孤独感、家族意識など、
こだわる個別の愛ではなく、生きもの全体の愛で生きている。

非二元的な視点であろうと想像する。

そこは、現時点の私達の世界では予想もつかない常識があり、
一人が思い悩むことなどない世界ではないだろうか。

一瞬、それは神の意識に近いように思う。
だが、殺人やどんな性欲もありとなると、
悪魔の意識にも見える。

非二元論では、神も悪魔もない。
善も悪もない。
その立場であれば、取り上げて問題にするようなことは、
なにもない。

そこは、二元の世界に
どっぷりはまっている人間にしてみると、
理解が追いつかない視点であろう。

村田沙耶香氏の今後の作品が、世の中にどう受け取られるか、
そちらが興味深い。

作品に沿って、狂乱、倒錯した性の世界が流行るだろうか?
それとも、痛烈な批判が多くなるだろうか?

だが、ソドム、ゴモラの歴史を経験した魂は、
改めてその世界を文章で読んだら、
とても醒めた気持ちになるだろう。

もしかしたら、彼女の出現はそのためかもしれない。
[PR]
by wakeup71 | 2017-02-26 21:46 | 日常生活 | Comments(0)