気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 12 )

無いこと

私というものは無いとなると、
何だか、妙に肩の荷がおりたようだ。
責任が無くなったかんじ。

思いが現れても、とらえる人はいない。
だから、もう本気になって囚われない。
思いは浮かぶに任せる。


そうすると、出来事は美しいだけになる。





[PR]
by wakeup71 | 2015-05-08 01:27 | Comments(0)

変化について

物事は変化する。ゆっくりでも、はやくでも。
それが、二元世界のルール。
石でさえ、じっくり結晶化していたりする。

だけど、人間はつい安定したくなる。
変わらないものを求めてしまうのだ。

子どもの代になると、社会は大きく変わっていく。
久しぶりに美大予備校をのぞいた。
デッサンも油彩も変わってきた。
へんな話、少しゆるく感じた。
甘さを感じてしまう。
少子化で美大に行く人は激減しているそうだ。

東大も優しくなってるんだろうか?

だが、それが何だというのだろう。
変化は当たり前だ。

新しい世代を受け入れる気持ちでいた方がいい。
ちょうどWomanの記事でお局考を読んだ。
あなたのお局度は、いくつ?

「変化を好まない」 ○ ×

ほら、自分の価値観を押しつけようとしている。
変化をゆるせ。
成長を止めるな。


[PR]
by wakeup71 | 2015-03-22 03:01 | Comments(1)

かぐや姫の物語を見て

昨日は高畑さんのかぐや姫を見られて良かった。
かわいい仕草や、疾走する様子、凛とした表情。筆書きをアニメーションにするのは、大変だったろう。

だが、私がもっとも驚いたのは、最後の月の迎えの所だ。
高畑さんも、やはり非二元論を知っているのだろうか。
もはや、クリエイティブの世界では、非二元は当たり前のことなのかも知れない。
かぐや姫の罪とは、私たち人間全体の罪だ。
元々は、誰もが、争いもない満ち足りた所にいたのだ。
かぐや姫と同じように。
だが、そのままでは、その幸せに気づくことが出来ない。
だから、あえて争いや苦しみのある世界に降りることにしたのだ。
しかし、実はそこはあえて経験するために作られた世界にすぎない。
夢想にすぎない。
木々も空も海も、あえて満ち足りたエネルギーが形を変えてるにすぎない。

私たちの悲しみや苦しみや怒りを経験したいという興味が、この下界を作っている。
かぐや姫の話は、私たち人間の話だ。
月に帰るということは、ネガティヴな思いへの興味を捨てて、正気に帰るという意味だ。
人間は、ずっと夢想して経験をし続けている。
それが、時間をつくり、ストーリーを作り続けている。
でも、ひとたび、正気にもどれば(月の衣装を着る)何もかも忘れる。
本当はそれが幸せなのだ。

だのに、かぐや姫(私たち)はこの地を忘れたくないと言う。
なんやかんや言いながら、この世界を続けている。
これは、私たちの物語。

[PR]
by wakeup71 | 2015-03-14 15:48 | Comments(0)

アミット・ゴスワミさん

d0166615_18471955.jpg
量子力学って最近詳しく知った。すごく面白い。I noticed Quantum mechanics recently. It's very fun.
禅にも似てる。今年はこれを学びたい。アミット ゴスワミさんの会議がわかるようになりたい。彼は量子力学の学者さんです。And it's liked Zen. I want to study it this year. I want to understand Mr. Amit Goswami conference, he is Quantum activist.
私は2週間前に、「誰が夢のバスを運転してる」というdvdを買いました。8人のインタビュービデオで、みんな覚醒者です。その中にゴスワミさんが居たのです。全然ハンサムじゃない。
でも!!!彼は偉大な科学者だったんです。
量子力学は、世界を全て変えるでしょう。それは、たぶん、真実の世界なのです。
I bought a dvd "who's driving the dreambus" 2 weeks ago. It's 8 people interview video.
They are all awaking people. Mr. Amit is one of them. He is not good looking. (Sorry) I didn't know him. I didn't notice him. But !!!! He is Grate Scientist. Quantum mechanics will change world all. Maybe it's the true of world.
・・・・・
下手な英語はこのくらいにして…
ずっと、不思議に思ってたテネモスの飯島さんの話を思い出した。(環境浄化の会社)
放射能を1ヶ月で消した方法について。
飯島さんは、私たちにわかりやすい説明をしようと努力していた。
でも、そのやり方は教科書にはない智慧だった。
教科書は全部書き直さなきゃとも言っていた。
それは、もしかしたら量子力学だったのかもしれない。
私たちはニュートンの科学しか知らないのだ。
もしも、この新しい科学が主流になるなら、
非二元論は当たり前のことになるだろう。



[PR]
by wakeup71 | 2015-02-08 18:31 | Comments(0)

誰が夢のバスを運転している?

気になってたDVDを見ました。
d0166615_14584869.jpg
8人の非二元論者がインタビューを受けて、
同じテーマを語るのです。

1人の著書の本と比べると内容が充実していて、
ダイレクトに伝わりました。
ガンガジが静かにささやき、
若いガイ・スミスが透明に語り、
ティム・フリークが大らかに笑い、
トニー・パーソンズが、ビシッと!

我々は誰も存在してない。。。

内容が詰まっていて、見終わるのに、
2日くらいかかりました。
一言、字幕を読んでは、ストップして、
噛み締めたり。
さらりと見るよりは、反芻しながら見たい。
映像も自然で、風景構図は見てる内容を表現してるみたいです。
ジェフ・フォスターの語るシーンは、
部屋の中の壁の汚れ?までが、
きれいに見える^_^

見終わるのに時間はかかるけど、
本一冊よりは短い時間です。

また、英語がダイレクトに入ると、
もっといいだろうなあ

[PR]
by wakeup71 | 2015-01-25 14:38 | Comments(0)

Short Story

My nonfiction short story.

A Country have disappeared from the Map

At first, the country was Declaration of Independence.
The country's people was glad,  and they made new law.
The strange of law is about money.

There is not money in the country.
People's life is to help each other and they have become commonplace.
They have not need money.
They receive a feeling of "Thank you" as an alternative to it.
A feeling of "Thank you" is twinkle light. Its light is visible to them.

When people could see that light, the country disappeared from the map.

And everyone forgot that country.

So anyone don't knows that country.

But ....anywhere

Now that country is being peaceful.
d0166615_12213888.jpg

[PR]
by wakeup71 | 2014-09-21 12:20 | Comments(0)

The Disappearance of the Universe

d0166615_1431280.jpg

What religion do you believe in?
I read various books of religion and philosophy.
What is truth?
I did the various social activities.
How will the world be improved?
What is wrong?
If God made this world, why the world is not heaven ?
There was the nuclear plant accident, too.
The environment is the worst.
Why we compete so much and must work hard ?
A young person does not have work.

I wonder the world.
When I'm lost, I found a book
"The Disappearance of the Universe".
It was written by Gary R.Renard.
I was surprised,
it said "God didn't make the world".
It said "Ego made this world,
so the world is not perfect."

I knew the Ego, since I read the book of Eckhart Tolle, Osho, and any "Zen".

I thought that it was right.
I understood why all strange things in the world.
This world was made by Ego.
So the world is confused.
[PR]
by wakeup71 | 2014-06-29 14:27 | Comments(0)

そうか、放棄

生きていたら誰かを責めずにはいられない。
誰かを責めていると、生きてる意味があるように思ったりして。

仕事してても、ついそんなワナにハマりそうになる。
私は弱いから。

だけど、だけど、
やっぱり、そんなことどうだっていいんだ。

誰が悪いとか、誰のせいだとか

年中、そんなことやってんだ。


言葉をとっぱらって、一旦すべて忘れてみると、
静かな巨大な山のような生き物が、
私の奥で見つめていた。

そいつこそ、本当のわたし。

ばかばかしい世の中を、静かに見つめている。

これは全部ウソだよ。
[PR]
by wakeup71 | 2014-06-24 21:10 | Comments(2)

ツインソウルは地球にいない

スピリチュアル関係の方で、よくツインソウルについて話題になる。

ツインソウルに会ったら、もう離れられないほどの衝撃を受けるとか、
よい波動を広げるとか、地球の波動をも上げるとか・・・

それは確かに話題になるかもしれない。
ロマンチックなことかもしれない。

たまに「アミ 小さな宇宙人」をかいたエンリケバリオスさんも、
ツインソウルについて書いてるけど、
正直、この話だけは〜

なんというか、一般的に生活してる私たちには必要ない話だと思う。

今も、「私たち夫婦はツインソウルで〜♡」という人もいる。

ま、いいけどさ。幸せになるのは。


結局、ツインソウル話に夢中になる時は、自分の中に不完全さを感じてる。
(自分もそうだったから、わかるのね、爆)
この人じゃない、とか、王子様があらわれるとか
まだ自分に不足感があるとどうしてもそういう話を求めてしまうのね。


そりゃ、たまにどこぞの星の記憶があって、
前世もばっちり覚えていて、ツインソウルを探し求めてきた、
っていう人もいるかもしれないけどさ、

まあ、あんまりそういうことは〜ないよ。

宇宙船に乗ってた記憶がある人もいるかもしれないけどさ、

まあ・・・

それが、ごく普通にすべての人にあてはまるとも思えないし、
その話をすると興味は出てくるけど、


それによって、今の地球の状況がよくなるってことは???

ナイよな〜


う〜ん。

結局はビジネスだよなあ。



ほんとにそんな宇宙からきた記憶もあって、
エライ人だったらさ、
人間じゃない姿もみせて、
いろいろ今まで地球に対して、どんなことがあったか、
ちゃんと言ってほしいんだよな。

人間は心が弱くなるように、
遺伝子操作されてきた〜とか言われてるわけだしさ、
そういうことも本当なら伝えられるでしょう。
もしかして世界の権力者たちに影響を与えてるんだったらさ、
ちゃんと真実を伝えてほしいんだよな。

宇宙からの記憶があって、
なんでも見えたり、感じたりできる人に、
やってほしいことはそんなこと。

どうなんだろう・・・
[PR]
by wakeup71 | 2010-07-20 12:40 | Comments(2)

今後の経済の在り方と日本人の生き方

一橋大学大学院経済学研究科教授 斎藤誠 氏の記事
http://diamond.jp/articles/-/8522


私たちは常に経済成長を追い求める。成長戦略を政権に要求する。
だが、経済成長とは何だろうか。
果たして、どれほど人々の幸福に結びつくのか。
斉藤誠・一橋大学大学院教授は
新著『競争の作法——いかに働き、投資するか』(ちくま新書)で、
「戦後最長の景気回復」を検証し、経済成長の欺瞞をあぶり出した。

—日本社会は豊かであるが、それが人々の幸福には結びついていない。
あるいは、日本の豊かさは捏造されたものだ、と本書で執拗に指摘している。

日本は中国に抜かれたとしても、GDPは世界第3位の経済大国で、
非常に豊かな社会であるはずだ。それなのに、幸福感に乏しい。
生活の充実感が何かしら欠如している。
そうした欠落感を多くの人が抱えている。それはなぜか。

マクロ経済学の観点から、豊かさ=生産、幸福=消費に置き換えてみると、
生産が増えても、消費が一向に増えないことがわかる。

日本社会は生産、つまりGDPの増大を重視する。
そして、そのGDPの伸びが輸出や設備投資に主導されていると
評価する傾向が強い。

ところが、私たちの消費生活は生産増に伴って充実しているわけではない。
その現実に気がつくべきだ。

—GDPの伸びを経済成長と呼ぶ。つまり、経済成長しても幸福になれないということか。

そうだ。それが、日本の真実だ。

その矛盾は戦後日本に一貫するものだが、とりわけ2002年から07年にかけて
戦後最長の景気回復を果たしたといわれる期間に、一気に現れた。

この5年間の実質GDPは505兆円から561兆円へ額にして56兆円、
率にして11.1%増加した。
だが、実質家計消費は291兆円から310兆円へ額にして19兆円、
率にして6.5%しか拡大しなかった。

なぜなら、就業者数はたった82万人、1.3%しか増加しなかった。
実質雇用者報酬の伸びも2.6%に止まった。

そして、民間勤労者が受け取る現金給与の実質総額にいたっては、
1%以上低下したからだ。これで、消費が伸びるわけがない。

こうした不自然な景気回復は、いずれ終焉を迎える。

事実、株価や金融市場では2007年から不自然さを調整する動きが
徐々にだが、現れていた。

その後、私たちは2008年9月にリーマンショックに遭遇し、
大騒ぎをすることになるが、リーマンショックは調整の最終局面で
最後の一押しをしただけだ。

ちなみに、リーマンショックで実質GDPは9%弱減少したが、
就業者数の減少は1%弱、実質雇用者報酬の低下率も約2%に過ぎなかった。
これを見ても、

GDPの増減=豊かさが家計消費=幸福

に結びついていないことが分かる。


—なぜ『戦後最長の景気回復』は、人々の幸福に結びつかない
経済成長となってしまったのか。

この5年間は、前半と後半に分けて考えることができる。
2000年代初頭、海外の高級ブランドが東京銀座に進出、
目抜き通りを買い占めてしまうほどの勢いだった。

海外勢は日本の地価が底値に達する03年、04年に向かって、
銀座のみならず土地を買い叩きまくった。

株価も同じだ。03年に日経平均が8000円を割るほどの下落過程で、
海外勢は大きく買い越した。

海外の資金が円建て資産に集中するに連れて、急激な円高が進んだ。
財務省は空前絶後の規模でドル買い、円売りの介入を繰り返した。

だが、大規模な為替介入による円高阻止は、海外勢ができるだけ安値で
日本の資産購入を支援したことになる。

これに対して、日本勢は資産下落に動揺し
狼狽して日本売りを続けるばかりだった。

冷静冷徹なる海外勢は、ただ同然で有望な事業物件を含む
日本資産を手に入れた。

つまり、日本経済の付加価値部分、果実を掠め取られ、
日本人が享受することはできなかったのだ。


—『戦後最長の景気回復』の後半には、何が起こったのか。

当時の消費者物価指数などを検証すると、物価は非常に安定していた。
だが、その物価の安定は、“デフレを抜け出していない証左”だと捉えられ、
過大な金融緩和に突き進んだ。

その結果、「二つの円安——目に見える円安と目に見えない円安」が生じた。

2002年から2004年にかけて1ドル125円から108年に円高となった後、
2007年にかけて118円まで円安が進んだ。これが「目に見える円安」だ。

一方、「目に見えない円安」とは、

外国の物価水準に比べた日本の物価水準の低下を加味した
実質実効為替レートを指す。

この実質実効為替レートでも『戦後最長の景気回復』期間は
歴史的な円安局面だった。
この二つの円安だけで、自動的に20%ほど国際競争力が向上した。
生産性の上昇も労働コストの圧縮もなしに国際競争力が上昇したのだ。

より正確に言えば、卓越した商品性や性能ではなく、
圧倒的な国際“価格”競争力を得たのだった。


—二つの円安による輸出主導の経済成長が、
消費の伸びにつながらなかったのはなぜなのか。

輸出企業は、二つの円安によって、
未熟な工員がいい加減に作った製品でも十分な国際競争力を持っていたから、
労働コストを節約したまま輸出拡大に対応できた。

だから、会社は史上空前の利益を上げているのに、
社員の労働所得は増えなかった。
輸出企業は荒稼ぎをした収益のほとんどを生産増強のための設備投資に投じ、
株主に還元しようとしなかった。



また、その輸出拡大は、それほど優れたところのない製品を
安値で叩き売っていた薄利多売である一方、歴史的な円安だから、
原材料その他は海外から非常な高値で買うことになった。

その結果、輸出で稼いだ豊かさが海外に逃げてしまった。
安く売って高く買うことから生じる損失を、交易損失と言う。

この次期は、明らかな交易損失が発生していた。


つまり、家計はトリプルパンチを受けた。
労働者としての家計は、給与が伸び悩んだ。
投資家としての家計は、企業収益の分け前にあずかれなかった。
消費者としての家計にとっては、購買力がひ弱になった円は
使い出がなくなった。
これでは、消費が伸びるはずがない。

これが、豊かさ=生産の増大、
つまり成長が、消費=幸福に結びつかなかった構造だ。

—“幸福に結びつかない経済成長”を私たちが繰り返し求めてしまうのは、
なぜなのだろうか。

2000年代前半の物価安定がデフレの持続と認識され、
その脱却が叫ばれ、金融緩和政策が採られた。
なぜ、私たちは豊かさを捏造するような思考回路にはまり込むのだろうか。


日本全体が成長神話に囚われているからだ。
あるいは、なすべき検証もなさず大した考えもないままに
“あるべき姿”を描き、追求するからだ。

日本の物価に関する認識はその典型で、
”あるべき姿“から現実が乖離していることで苛立ってしまうのだと思う。

「消費者物価が年2〜3%程度で上昇している姿が望ましい」と

あるべき姿を思い描いている人々にとっては、
物価水準が合理的な理由によって長期安定していたとしても
是正すべき政策対象となる。

日本政府のデフレ脅威論が、まさしくそうだ。
デフレ懸念の強迫観念に囚われた政治家は、時に荒唐無稽な政策を言い出す。

また、前述したようなGDPと雇用や所得の関係を知らない評論家は
リーマンショックに度を失って、財政緊急出動して
“あるべきGDP”とのギャップを埋めろなどと主張する。

 
—しかし、少なからぬ経済学者も日本政府に同調して、
「経済成長はデフレ脱却から始まる」と主張した。


何のための経済成長か、何のために経済活動はあるのか、
それは人々の暮らしを充実させるためにある。
その本質を突き詰めないままに、マクロ経済活動の成果を図る尺度を
成長率においてしまう。

その日本社会に色濃い習性は、残念ながら経済学者も逃れられない。

なぜなら、論考することが、それで非常に楽になるからだ。
議論が強制的に整理され、文脈が単純になり、分かりやすくなるからだ。
自ら問題を単純化し、あるべき目標を設定し、
そうして、結局は達成できないという強迫観念にさいなまれる、
そんないびつな構造に社会全体が陥っている。

あるいは、それはあせりの裏返しともいえる。
1990年代後半の金融危機以降の長期経済低迷を克服すべく、
「失われた15年」を取り戻そうともがけばもがくほど、
大規模な為替介入のような愚策がさまざまに展開され、から回りした。


—日本社会全体が発想を変え、目指すべきものを変更しなければならないことはわかる。だが、人々を幸福にできないものに懸命に資源を投入している社会構造を、どこからどのように変えればいいのだろうか。


欧州で暮した日本人の多くは、日本よりGDPが小さいのに、
彼らの方がはるかに労働時間は少なく、バカンスにも出かけ、
豊かな日常生活を送っていることを不思議に思う。

それは、ひと言で言えば、
フローの成長を求める日本とストック型社会である欧州の違いだ。

例えば、高額な住宅を作っては壊す日本に対して、欧州は100年も住める。
建築コストを100年に分割して負担している。
だから、豊かなのだ。
土地の利用の仕方も投資のあり様も働き方も
先進国の間尺にあうように発想を大きく変えないと、
私たちは幸せになれない。

だが、それを社会全体やマクロ経済政策に一方的に頼っては解決できない。

私たちは社会事象を自分の問題ととらえ、
一人ひとりが取り組んでいくという構えを、あまりに欠いてしまっている。
今後、今以上に私たちは厳しい競争環境に置かれる。

今、マクロ経済の立て直しと同時に、
個々人がマクロ経済の只中に生きているという当事者意識を持たなければ、
生きていけない。

例えば、私は経済学者であると同時に大学の教員であるから、
就職できない学生に向かって、

「これはマクロ経済運営に失敗した政府の責任だ」と批判しても、
就職先が見つかるわけではない。他人事の所作は、何の意味もない。

学生に対して、どんな苦境に陥っても社会に立ち向かっていく
戦略、知略、勇気を教え込まなければならない。
それが、大学の現場にいる当事者としてやるべきことだ。


—今後、私たちはどれほど厳しい競争環境に置かれるのか。

グローバル競争において、優勝劣敗はますます明確になっていく。
生産現場は苛烈な生産性向上、あるいはコストカットの競争にさらされる。
今後、二つの円安バブルでかさ上げされた
20%の国際競争力は引き剥がされる。

つまり、働く者の所得が20%減るということだ。
日本人は耐えられるだろうか。

日本社会は中高年を中心に、毎年3万人を超える自殺者が出る異常社会だ。
職場と家庭を背負っている中高年がこれほど多く人生を
放棄してしまうことなど、先進国ではありえない。

職を失えば、生々しい現実に向かい合わなければならない。
マンションを売り、子どもの学校を私立から公立に変え、
生活を身の丈にあわせなければならない。

ところが、社会の標準化された理想を変更できずに、切羽詰ってしまう。
恐ろしく脆弱な社会だ。
これでは、個人も会社もこれからを生き抜くことができない。

d0166615_20104998.jpg

—給料が20%減る時代を生き抜くために、自分の幸福とは何かを考えろ、
ということか。  

そうだ。

所得20%減の競争社会を生き抜くために重要なことは、
たくましく立ち向かっていく覚悟と同時に、

非経済的な分野でどれほど豊かな生活を送れるかだ。

職場以外の生活のなかでさまざまなクッションを持っている人間こそ、
これからの苛烈な競争の生産現場に踏みとどまることができる。
充実した市民社会生活を営む強い個人が集まってこそ、会社も強くなるのだ。

これまで日本人は、個人として時代を生き抜く覚悟は希薄だった。

社会状況や会社に身を委ね、市民としての生活の充実を諦めることで
そこそこの幸せを得てきた。
だが、繰り返し述べてきたように、そうした“過去の豊かな社会”は
もはや個々人に幸福をもたらさない。

生産活動つまり豊かさの20%を失っても、
埋め合わせてあまりある幸せの活動を見つける。

それが、日本経済のテーマだ。
[PR]
by wakeup71 | 2010-06-24 20:09 | Comments(0)