気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ノンデュアリティの夜明け

先週、阿部敏郎さんが企画した「ノンデュアリティの夜明け」に行ってきました。
虎ノ門にある大きなホールでした。
出演者は、溝口あゆかさん、大和田菜穂さん、堀澤祖門さん、司会は阿部敏郎さん。
どなたも興味深い方々だったので、とても楽しみにしていました。

あいにくの雨でしたが、ホールは満員。
改めてノンデュアリティに対する理解の広まりを感じさせました。
すごい。来ている方は、ほとんど阿部さんが広めた知識を持っていると思われます。

溝口さんは、最初に話され、私にとってはとても嬉しいものでした。
ルパートスパイラをよく紹介してくださっています。
セラピストとしてもすごい方だし、語り口がとてもやさしい。

セラピストとして受ける相談は、非二元論からかけ離れた、いわば衆生の悩み。
ノンデュアリティでは、セラピストの仕事は解決できない、ときっぱり。
溝口さんのブログや動画で、やはりそうなのだな、と思っていましたが。
・・・・・・
だけど、まあ、いろんな社会活動や、自分の悩みや人生を経て、
ノンデュアリティで解決できないかな~と期待してる部分は残ってました。

昨日、阿部さんが紹介した大和田菜穂さんと高僧(堀澤祖門さんも)との対話後編を見たら、
やはり高僧が提示する衆生の悩みの解決に値する縁起?については、
大和田さんも全く理解を示せず、すべてはただ起こっているだけという言葉でした。

本日の大和田菜穂さんもしかり。
堀澤祖門さんも、もうムダと思えることは話しません。
最後に4人で、すわられているときの祖門さんのかわいらしいこと。


結局、ニコニコして4人で静かにされてる時間が長かったようにも思いますが・・・

それは、我を忘れる時間だったように思います。

阿部さんが公開されている「大和田さんと高僧との対話」動画は、
禅のお坊様たちが実に謙虚に、ローラのような語りの大和田さんとお話します。
お坊様の受け取り方のすばらしいこと。

並行して、前の記事の「仏教思想のゼロポイント」を読んでいた私は、
菜穂さんの様子が悟りを得たときのブッダの様子と重なりました。
悟ったとき、このことは世界にとって逆行するようなものになってしまう、
と最初は教えを広めることをやめようとします。
この点については、堀澤祖門さんも同じことを動画でお話しています。

人間が欲としているもの、食欲、性欲など、生きるために必要なことが、
社会を形成しています。
それらを滅することが悟りに至ると(悟るとそれらが必要でなくなる)いうことは、
社会の終わり、世界の終わりを導くものでもあります。

たぶん、大和田さんの出現がなければ、私も魚川さんの「仏教思想のゼロポイント」が、
実感をもってわかることはなかったかもしれません。

では、悟りを得た人はその後どのようにして生きるのか。

"彼らは人生の残りの時をどのように過ごすのか。
渇愛を滅尽し解脱に至った者たちは、存在することを「ただ楽しむ」のである。”
「仏教思想のゼロポイント」より
d0166615_15414543.jpg

大和田さんにとって、今の状態は、生を楽しむという状態なのかなと思います。

いろいろな知識を合わせもって、ノンデュアリティを読み取ると、
また新しい気づきがあって楽しいです。

デヴィッド・ボームの「全体性と内臓秩序」も手に入れたので、
またいろいろ考察してみようと思います。
[PR]
by wakeup71 | 2015-11-15 15:37 | 日常生活 | Comments(0)