気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

原子力発電を町田で考えよう!

原発を考える、鎌仲ひとみ監督作品上映会告知です!
田中優さんとの対談もあります。
平和映画祭でもチケット販売しますので、
チラシをくばってる人をみたら声をかけてください。

【『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会
 
 対談 監督 鎌仲ひとみさん
     apバンク相談役 田中優さん】

◆2010年 6月27日(日曜日)
  受付は午後2時30分と午後5時15分と午後6時30分
◆東京都町田市 勝楽寺 

◆監督 鎌仲ひとみさんから〜
この映画は未来のエネルギーを巡る物語。
瀬戸内海の小さな島、祝島の人々は
目の前の海を埋め立てる原発建設に28年も反対し続けている。
島で一番若い山戸孝くんは妻と子供を抱えて
島で自立しようとがんばっている。
一方、スウェーデンでは脱石油、脱原発の取り組みが行われている。
地域の中でエネルギーの自立に取り組み、
地域の持続可能性を模索していくスウェーデンの人々の取り組みと
祝島の人々の未来がやがて重なり合ってゆく。

◆apバンク相談役 田中優さんから〜
「小さな試みだ、無視すればいい」というのは簡単だ。
「そんなことをして何になる」と評論することもできるだろ う。
しかしそれでも「何かを起こす人」が次の世界を作っていく。
評論して揚げ足を取ることはどんな人間にもできるだろう。
しかし大切なの は何かを作る人なのだ。
 小さな羽音が共鳴し、共振し、次の地球の回転を起こす。
この映画はその小さな羽音の記録だ。
未 来の私たちが、どちら側に感謝するだろうか。
小さなミツバチのする、小さな、しかし勇気ある暮らしを見てほしい。
『鎌仲監督はこの映画で、地球の回転のギアチェンジする時代の
羽音を切り取って提示した』 
将来、この映画がそう言われるようになる といい。

◆2010年 6月27日(日曜日)

<プログラム> 
 3つコースがあります。
 下記の一つを選んでお申し込み下さい。
  A+B(映画+対談)
  B+C(対談+映画)
  Cのみ(映画のみ)
 
■午後の部
A)午後2時30分受付
  午後3時 映画上映開始
   〜 
  午後5時15分 終了
   休憩(10分)

B)対談(鎌仲ひとみさんと田中優さん)
  午後5時25分〜6時
   〜入れ替え〜
    
■夜の部        
C)午後6時30分 受付
  午後7時 映画上映開始
     〜
  午後9時15分終了
  鎌仲ひとみさんと田中優さんから挨拶

<チラシ代金>
A+B 又は B+C 
 大人 前売り1500円、1300円+200花(地域通貨花が使えます)
    当日 2000円
 高校生以下 前売り500円 当日1000円
Cのみ 
 大人  前売り1000円 当日1500円
 高校生以下  前売り300円  当日800円

※保育の準備はありません。

<会場>
勝楽寺http://shourakuji.com/keidai/map_location.html
     東京都町田市原町田3-5-12
     ●小田急線「町田駅」 東口・西口より徒歩約20分
       西口よりタクシーで 5分
     ●JR線「町田駅」 中央口より約15分
       ターミナル口より徒歩 5分
 
<申し込み先>
  jikan_hana☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて下さい)
 
【申し込みフォーマット】
件名に【6/27町田上映会・ミツバチの羽音】とお書きの上
「A+B」「B+C」「Cのみ」のどれに申し込むかを明記下さい。
 (                      )
お名前(          )
チケット枚数(       )
連絡先(                           ) 

(メール又は下記へ申し込み下さい。)

<連絡先> 080(3254)5722 
<主催者>
  まちだ大福帳「まちだでドキュメンタリー映画を上映する会」
  時間の花アソシエーション
  http://www.floweroftime.com/pg18.html
d0166615_22491189.jpg

[PR]
by wakeup71 | 2010-06-13 22:49 | 原子力発電