気づきの覚え書き

wakeup71.exblog.jp
ブログトップ

今後の経済の在り方と日本人の生き方

一橋大学大学院経済学研究科教授 斎藤誠 氏の記事
http://diamond.jp/articles/-/8522


私たちは常に経済成長を追い求める。成長戦略を政権に要求する。
だが、経済成長とは何だろうか。
果たして、どれほど人々の幸福に結びつくのか。
斉藤誠・一橋大学大学院教授は
新著『競争の作法——いかに働き、投資するか』(ちくま新書)で、
「戦後最長の景気回復」を検証し、経済成長の欺瞞をあぶり出した。

—日本社会は豊かであるが、それが人々の幸福には結びついていない。
あるいは、日本の豊かさは捏造されたものだ、と本書で執拗に指摘している。

日本は中国に抜かれたとしても、GDPは世界第3位の経済大国で、
非常に豊かな社会であるはずだ。それなのに、幸福感に乏しい。
生活の充実感が何かしら欠如している。
そうした欠落感を多くの人が抱えている。それはなぜか。

マクロ経済学の観点から、豊かさ=生産、幸福=消費に置き換えてみると、
生産が増えても、消費が一向に増えないことがわかる。

日本社会は生産、つまりGDPの増大を重視する。
そして、そのGDPの伸びが輸出や設備投資に主導されていると
評価する傾向が強い。

ところが、私たちの消費生活は生産増に伴って充実しているわけではない。
その現実に気がつくべきだ。

—GDPの伸びを経済成長と呼ぶ。つまり、経済成長しても幸福になれないということか。

そうだ。それが、日本の真実だ。

その矛盾は戦後日本に一貫するものだが、とりわけ2002年から07年にかけて
戦後最長の景気回復を果たしたといわれる期間に、一気に現れた。

この5年間の実質GDPは505兆円から561兆円へ額にして56兆円、
率にして11.1%増加した。
だが、実質家計消費は291兆円から310兆円へ額にして19兆円、
率にして6.5%しか拡大しなかった。

なぜなら、就業者数はたった82万人、1.3%しか増加しなかった。
実質雇用者報酬の伸びも2.6%に止まった。

そして、民間勤労者が受け取る現金給与の実質総額にいたっては、
1%以上低下したからだ。これで、消費が伸びるわけがない。

こうした不自然な景気回復は、いずれ終焉を迎える。

事実、株価や金融市場では2007年から不自然さを調整する動きが
徐々にだが、現れていた。

その後、私たちは2008年9月にリーマンショックに遭遇し、
大騒ぎをすることになるが、リーマンショックは調整の最終局面で
最後の一押しをしただけだ。

ちなみに、リーマンショックで実質GDPは9%弱減少したが、
就業者数の減少は1%弱、実質雇用者報酬の低下率も約2%に過ぎなかった。
これを見ても、

GDPの増減=豊かさが家計消費=幸福

に結びついていないことが分かる。


—なぜ『戦後最長の景気回復』は、人々の幸福に結びつかない
経済成長となってしまったのか。

この5年間は、前半と後半に分けて考えることができる。
2000年代初頭、海外の高級ブランドが東京銀座に進出、
目抜き通りを買い占めてしまうほどの勢いだった。

海外勢は日本の地価が底値に達する03年、04年に向かって、
銀座のみならず土地を買い叩きまくった。

株価も同じだ。03年に日経平均が8000円を割るほどの下落過程で、
海外勢は大きく買い越した。

海外の資金が円建て資産に集中するに連れて、急激な円高が進んだ。
財務省は空前絶後の規模でドル買い、円売りの介入を繰り返した。

だが、大規模な為替介入による円高阻止は、海外勢ができるだけ安値で
日本の資産購入を支援したことになる。

これに対して、日本勢は資産下落に動揺し
狼狽して日本売りを続けるばかりだった。

冷静冷徹なる海外勢は、ただ同然で有望な事業物件を含む
日本資産を手に入れた。

つまり、日本経済の付加価値部分、果実を掠め取られ、
日本人が享受することはできなかったのだ。


—『戦後最長の景気回復』の後半には、何が起こったのか。

当時の消費者物価指数などを検証すると、物価は非常に安定していた。
だが、その物価の安定は、“デフレを抜け出していない証左”だと捉えられ、
過大な金融緩和に突き進んだ。

その結果、「二つの円安——目に見える円安と目に見えない円安」が生じた。

2002年から2004年にかけて1ドル125円から108年に円高となった後、
2007年にかけて118円まで円安が進んだ。これが「目に見える円安」だ。

一方、「目に見えない円安」とは、

外国の物価水準に比べた日本の物価水準の低下を加味した
実質実効為替レートを指す。

この実質実効為替レートでも『戦後最長の景気回復』期間は
歴史的な円安局面だった。
この二つの円安だけで、自動的に20%ほど国際競争力が向上した。
生産性の上昇も労働コストの圧縮もなしに国際競争力が上昇したのだ。

より正確に言えば、卓越した商品性や性能ではなく、
圧倒的な国際“価格”競争力を得たのだった。


—二つの円安による輸出主導の経済成長が、
消費の伸びにつながらなかったのはなぜなのか。

輸出企業は、二つの円安によって、
未熟な工員がいい加減に作った製品でも十分な国際競争力を持っていたから、
労働コストを節約したまま輸出拡大に対応できた。

だから、会社は史上空前の利益を上げているのに、
社員の労働所得は増えなかった。
輸出企業は荒稼ぎをした収益のほとんどを生産増強のための設備投資に投じ、
株主に還元しようとしなかった。



また、その輸出拡大は、それほど優れたところのない製品を
安値で叩き売っていた薄利多売である一方、歴史的な円安だから、
原材料その他は海外から非常な高値で買うことになった。

その結果、輸出で稼いだ豊かさが海外に逃げてしまった。
安く売って高く買うことから生じる損失を、交易損失と言う。

この次期は、明らかな交易損失が発生していた。


つまり、家計はトリプルパンチを受けた。
労働者としての家計は、給与が伸び悩んだ。
投資家としての家計は、企業収益の分け前にあずかれなかった。
消費者としての家計にとっては、購買力がひ弱になった円は
使い出がなくなった。
これでは、消費が伸びるはずがない。

これが、豊かさ=生産の増大、
つまり成長が、消費=幸福に結びつかなかった構造だ。

—“幸福に結びつかない経済成長”を私たちが繰り返し求めてしまうのは、
なぜなのだろうか。

2000年代前半の物価安定がデフレの持続と認識され、
その脱却が叫ばれ、金融緩和政策が採られた。
なぜ、私たちは豊かさを捏造するような思考回路にはまり込むのだろうか。


日本全体が成長神話に囚われているからだ。
あるいは、なすべき検証もなさず大した考えもないままに
“あるべき姿”を描き、追求するからだ。

日本の物価に関する認識はその典型で、
”あるべき姿“から現実が乖離していることで苛立ってしまうのだと思う。

「消費者物価が年2〜3%程度で上昇している姿が望ましい」と

あるべき姿を思い描いている人々にとっては、
物価水準が合理的な理由によって長期安定していたとしても
是正すべき政策対象となる。

日本政府のデフレ脅威論が、まさしくそうだ。
デフレ懸念の強迫観念に囚われた政治家は、時に荒唐無稽な政策を言い出す。

また、前述したようなGDPと雇用や所得の関係を知らない評論家は
リーマンショックに度を失って、財政緊急出動して
“あるべきGDP”とのギャップを埋めろなどと主張する。

 
—しかし、少なからぬ経済学者も日本政府に同調して、
「経済成長はデフレ脱却から始まる」と主張した。


何のための経済成長か、何のために経済活動はあるのか、
それは人々の暮らしを充実させるためにある。
その本質を突き詰めないままに、マクロ経済活動の成果を図る尺度を
成長率においてしまう。

その日本社会に色濃い習性は、残念ながら経済学者も逃れられない。

なぜなら、論考することが、それで非常に楽になるからだ。
議論が強制的に整理され、文脈が単純になり、分かりやすくなるからだ。
自ら問題を単純化し、あるべき目標を設定し、
そうして、結局は達成できないという強迫観念にさいなまれる、
そんないびつな構造に社会全体が陥っている。

あるいは、それはあせりの裏返しともいえる。
1990年代後半の金融危機以降の長期経済低迷を克服すべく、
「失われた15年」を取り戻そうともがけばもがくほど、
大規模な為替介入のような愚策がさまざまに展開され、から回りした。


—日本社会全体が発想を変え、目指すべきものを変更しなければならないことはわかる。だが、人々を幸福にできないものに懸命に資源を投入している社会構造を、どこからどのように変えればいいのだろうか。


欧州で暮した日本人の多くは、日本よりGDPが小さいのに、
彼らの方がはるかに労働時間は少なく、バカンスにも出かけ、
豊かな日常生活を送っていることを不思議に思う。

それは、ひと言で言えば、
フローの成長を求める日本とストック型社会である欧州の違いだ。

例えば、高額な住宅を作っては壊す日本に対して、欧州は100年も住める。
建築コストを100年に分割して負担している。
だから、豊かなのだ。
土地の利用の仕方も投資のあり様も働き方も
先進国の間尺にあうように発想を大きく変えないと、
私たちは幸せになれない。

だが、それを社会全体やマクロ経済政策に一方的に頼っては解決できない。

私たちは社会事象を自分の問題ととらえ、
一人ひとりが取り組んでいくという構えを、あまりに欠いてしまっている。
今後、今以上に私たちは厳しい競争環境に置かれる。

今、マクロ経済の立て直しと同時に、
個々人がマクロ経済の只中に生きているという当事者意識を持たなければ、
生きていけない。

例えば、私は経済学者であると同時に大学の教員であるから、
就職できない学生に向かって、

「これはマクロ経済運営に失敗した政府の責任だ」と批判しても、
就職先が見つかるわけではない。他人事の所作は、何の意味もない。

学生に対して、どんな苦境に陥っても社会に立ち向かっていく
戦略、知略、勇気を教え込まなければならない。
それが、大学の現場にいる当事者としてやるべきことだ。


—今後、私たちはどれほど厳しい競争環境に置かれるのか。

グローバル競争において、優勝劣敗はますます明確になっていく。
生産現場は苛烈な生産性向上、あるいはコストカットの競争にさらされる。
今後、二つの円安バブルでかさ上げされた
20%の国際競争力は引き剥がされる。

つまり、働く者の所得が20%減るということだ。
日本人は耐えられるだろうか。

日本社会は中高年を中心に、毎年3万人を超える自殺者が出る異常社会だ。
職場と家庭を背負っている中高年がこれほど多く人生を
放棄してしまうことなど、先進国ではありえない。

職を失えば、生々しい現実に向かい合わなければならない。
マンションを売り、子どもの学校を私立から公立に変え、
生活を身の丈にあわせなければならない。

ところが、社会の標準化された理想を変更できずに、切羽詰ってしまう。
恐ろしく脆弱な社会だ。
これでは、個人も会社もこれからを生き抜くことができない。

d0166615_20104998.jpg

—給料が20%減る時代を生き抜くために、自分の幸福とは何かを考えろ、
ということか。  

そうだ。

所得20%減の競争社会を生き抜くために重要なことは、
たくましく立ち向かっていく覚悟と同時に、

非経済的な分野でどれほど豊かな生活を送れるかだ。

職場以外の生活のなかでさまざまなクッションを持っている人間こそ、
これからの苛烈な競争の生産現場に踏みとどまることができる。
充実した市民社会生活を営む強い個人が集まってこそ、会社も強くなるのだ。

これまで日本人は、個人として時代を生き抜く覚悟は希薄だった。

社会状況や会社に身を委ね、市民としての生活の充実を諦めることで
そこそこの幸せを得てきた。
だが、繰り返し述べてきたように、そうした“過去の豊かな社会”は
もはや個々人に幸福をもたらさない。

生産活動つまり豊かさの20%を失っても、
埋め合わせてあまりある幸せの活動を見つける。

それが、日本経済のテーマだ。
[PR]
# by wakeup71 | 2010-06-24 20:09 | Comments(0)

原子力発電を町田で考えよう!

原発を考える、鎌仲ひとみ監督作品上映会告知です!
田中優さんとの対談もあります。
平和映画祭でもチケット販売しますので、
チラシをくばってる人をみたら声をかけてください。

【『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会
 
 対談 監督 鎌仲ひとみさん
     apバンク相談役 田中優さん】

◆2010年 6月27日(日曜日)
  受付は午後2時30分と午後5時15分と午後6時30分
◆東京都町田市 勝楽寺 

◆監督 鎌仲ひとみさんから〜
この映画は未来のエネルギーを巡る物語。
瀬戸内海の小さな島、祝島の人々は
目の前の海を埋め立てる原発建設に28年も反対し続けている。
島で一番若い山戸孝くんは妻と子供を抱えて
島で自立しようとがんばっている。
一方、スウェーデンでは脱石油、脱原発の取り組みが行われている。
地域の中でエネルギーの自立に取り組み、
地域の持続可能性を模索していくスウェーデンの人々の取り組みと
祝島の人々の未来がやがて重なり合ってゆく。

◆apバンク相談役 田中優さんから〜
「小さな試みだ、無視すればいい」というのは簡単だ。
「そんなことをして何になる」と評論することもできるだろ う。
しかしそれでも「何かを起こす人」が次の世界を作っていく。
評論して揚げ足を取ることはどんな人間にもできるだろう。
しかし大切なの は何かを作る人なのだ。
 小さな羽音が共鳴し、共振し、次の地球の回転を起こす。
この映画はその小さな羽音の記録だ。
未 来の私たちが、どちら側に感謝するだろうか。
小さなミツバチのする、小さな、しかし勇気ある暮らしを見てほしい。
『鎌仲監督はこの映画で、地球の回転のギアチェンジする時代の
羽音を切り取って提示した』 
将来、この映画がそう言われるようになる といい。

◆2010年 6月27日(日曜日)

<プログラム> 
 3つコースがあります。
 下記の一つを選んでお申し込み下さい。
  A+B(映画+対談)
  B+C(対談+映画)
  Cのみ(映画のみ)
 
■午後の部
A)午後2時30分受付
  午後3時 映画上映開始
   〜 
  午後5時15分 終了
   休憩(10分)

B)対談(鎌仲ひとみさんと田中優さん)
  午後5時25分〜6時
   〜入れ替え〜
    
■夜の部        
C)午後6時30分 受付
  午後7時 映画上映開始
     〜
  午後9時15分終了
  鎌仲ひとみさんと田中優さんから挨拶

<チラシ代金>
A+B 又は B+C 
 大人 前売り1500円、1300円+200花(地域通貨花が使えます)
    当日 2000円
 高校生以下 前売り500円 当日1000円
Cのみ 
 大人  前売り1000円 当日1500円
 高校生以下  前売り300円  当日800円

※保育の準備はありません。

<会場>
勝楽寺http://shourakuji.com/keidai/map_location.html
     東京都町田市原町田3-5-12
     ●小田急線「町田駅」 東口・西口より徒歩約20分
       西口よりタクシーで 5分
     ●JR線「町田駅」 中央口より約15分
       ターミナル口より徒歩 5分
 
<申し込み先>
  jikan_hana☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて下さい)
 
【申し込みフォーマット】
件名に【6/27町田上映会・ミツバチの羽音】とお書きの上
「A+B」「B+C」「Cのみ」のどれに申し込むかを明記下さい。
 (                      )
お名前(          )
チケット枚数(       )
連絡先(                           ) 

(メール又は下記へ申し込み下さい。)

<連絡先> 080(3254)5722 
<主催者>
  まちだ大福帳「まちだでドキュメンタリー映画を上映する会」
  時間の花アソシエーション
  http://www.floweroftime.com/pg18.html
d0166615_22491189.jpg

[PR]
# by wakeup71 | 2010-06-13 22:49 | 原子力発電 | Comments(0)

ネイティブアメリカンと弁護士


満ち足りた成熟文化の中の貧困

彼はインディアン保護区の、砂漠におかれた、
トレーラー式の移動住宅に住んでいた。
保護区の砂漠には灌木とサボテンと砂以外には何もない。

車は七十年代のシボレーで、車体はでこぼこ、
窓ガラスがない、ドアはあるというありさまだ。
食べ物やガソリン、衣類などは、ヒーリングのセレモニーの報酬として
地元の住民から受け取るというライフスタイルである。

必要なものはだいたいすべて、そうして手に入れていた。
彼の現金での年収は、おそらく五ドルにも満たなかっただろう。
年間に彼が消費したものを市場価格に換算すれば、
五千ドルにもならないに違いない。
現代の西洋文明という基準からすれば、極貧の生活といって間違いない。
彼の場所から周囲三十キロに住んでいる二百から三百の家族は、
彼と同じ部族の人びとであり、ほぼ彼と同じ生活をしている。
彼らは例外なく「貧しい」生活をしている。

しかし彼らには、病気になれば、世話をしてくれる人びとがいた。
食べ物や着る物が必要であれば、隣人が提供してくれる。
困ったことがあれば、相談相手になってくれる人がいる。
彼の場合も子どもが一人いたが、子どもに何か必要なものがあれば、
それは必ずどこかからやってくる。

年をとれば、誰かが面倒を見てくれることを彼は知っている。
いま住んでいる家がだめになれば、皆が手伝って新しい家を建てるか、
新しい家を探してくれるだろうことも彼は知っている。
彼にどんなことが起こっても、
それは共同体全体のこととして対処してもらえるのである。


有り余る中の貧困

弁護士として非常に成功を収めている友人がいる。
この友人は、物質的な豊かさに囲まれた生活をしている。
上等な家具とカーペットのある高級住宅に住み、
メルセデスベンツの新車を持ち、十万円のスーツを着た生活をしている。

にもかかわらず、ウェティコ文化(勝ち負けの文化)特有の
貧しさのどん底で喘いでいる。
スピリットがない、時間がない、生活の安定が保障されていない、
仲間によるサポートもない・・・
彼の人生には安定した土台というものがないのである。

おまけに、人生の意味といえば、収入のレベルを上げて、
さらに物質的な喜びを高めることしかないように見える。

「いま失業したら、あなたはどういうことになる?」

「別な法律事務所に勤めることになるかなあ」

「弁護士の仕事がなくなったりしたらどうする?
 不景気かなにかで、クビになったりしたらどう?
 それで病気になったりしたら?」

「会社の保障がない場合?」

「そう」

「俺は死ぬだろうね」


///////////////

原題は「The Last Hours of Ancient Sunlight」
邦題は「ウェティコ 神の目を見よ」
引用は、トム・ハートマンという心理学者の著作でした。

ウェティコ とは、ネイティブアメリカンの言葉で、

「自分を支配者あるいは征服者とみなしている者」 だそうだ。

2年前にこの本を買っていた。
神との対話で、人類に示唆を与えた本として出されていたからだ。
でもあの時の私には、この本の内容をすべて理解するのはむずかしくて、
流し読みしていた。
それなのに、今は文章が頭に染み通るようにわかる(^^;)
精神世界系の本を読みあさり、心理学本、経済本、社会本、・・・
地域通貨、ベーシックインカム・・・いろんなことを調べるようになって、
やっとこの本の中身についていけるようになったんだ〜

今を生きることも書いてある。
ぜんぶ一度読んだはずなのに、どれほど浅く読んでいたことか。

上の文章は多少端折ってるけれど、現代のアメリカで暮らす、
ネイティブアメリカンと裕福なアメリカ人の生活のようす。

豊かなはずの生活をしている人がどれほど不安定な状態で暮らしているか。
ひとたび、会社から離れたら、弱くモロい。

いろいろな先住民族の習慣と考察が書かれているのだが、
オーストラリアのアボリジニの例が、感慨深い。

1900年初期に、ヨーロッパ人の宣教師がアボリジニの子ども達に
「フットボール」を教えた。
ところがアボリジニの子ども達は、
両方のチームが同得点になるまでプレーをやめなかった。

彼らの考えでは、両チームの得点が同じになった時が試合の終了を意味した。
これにはゲームを教えたイギリス人の宣教師達が面食らった。
宣教師たちは一年かけて、
ゲームには勝者と敗者がいるべきであることを子ども達に説得した。

こうした先住民族の人たちは「私」という一人称はつかわない。
「われわれ」と言うそうだ。
短期的な利益のために誰かを犠牲にしたり、環境を破壊することはできない。
他の命とつながっているという成熟した意識がある。

地球全体の自然から分離することは、成熟した文化ではない。

d0166615_854524.jpg


どんな行為が自然から分離してるか、
先住民族の人は敏感にわかるんだろうな。

ああ、やっとこの本の意味がわかるようになった。。。
真実ばかりぎっしり詰まってるのに、
ウェティコ文化まっただ中で暮らしていた私にはわからなかった。

やっと、やっといろんなナゾがとけてきた。

ベーシックインカムを成熟した文化からみるとどうであろう。
どんなところに注意して、実行できるだろうか。
どんなふうにすれば、有り余る中での貧困者を救えるのか。
[PR]
# by wakeup71 | 2010-05-27 08:55 | Comments(0)

ぼくはうし

d0166615_20465075.jpg


Excite エキサイト : 社会ニュース

友人の そっぺさんの詩を紹介したいと思います。
これがこの気づきのブログの最初にくるなんてね。

 ぼくはうし(追伸あり)
 

 ぼくは牛です

 普段はしゃべることはできないんだけど
 今日は特別に人間語を話せる魔法をかけてもらったんだ
 
 今ね、日本の宮崎県っていうところで
 口蹄疫という病気が流行ってるよね

 ぼくら牛とか友達の豚とかヤギとかキリンとかシカとか…
 足の爪が偶数に割れてる動物の間で感染する病気なんだ

 自然界に生きる僕らの仲間が感染してもさ
 大病にはならないんだけど
 家畜として飼育されてるとさ
 なんせ人口密度?家畜数密度?が濃いからさあ
 すぐにドバーっと感染しちゃって

 症状は口とか足とかが水ぶくれになって
 食欲が落ちるから体重が減るんだよね
 そしたら人間にとっては
 肉質が悪くなるとかで価値が下がるみたいで
 そうなると育てる意味がなくなるみたい
 そして感染速度の速い病気だから
 もう、殺すしかないんだって

 一緒に住んでる仲間の1人でも感染してたら
 全員殺されるんだって


 もしも人間界でさあ
 クラスに1人でもインフルエンザに感染したら
 その学校の生徒全員殺します
 社内で1人でもインフルエンザに感染したら
 その会社の社員全員殺します
 町内で1人でも感染者が出たら
 その町の住人全員殺します
 って決まりができたらどうだい?

 

 ぼくらはそんな決まりの中で生きて、殺されていくんだ

 もっとも、その理由で殺されなくったって
 ゆくゆくはもっと恐ろしい目に遭うんだけどさ

 ぼくらを育ててくれてる農家さんは泣くんだよ

 ごめんな
 ちゃんと育て切らないうちに殺してしまうことになって
 ごめんな
 怖い思いをさせて
 ごめんな
 元気なおまえまで巻き添え食わせて
 ごめんな

 って、涙を流して泣くんだよ。

 その光景はきっと日本中の多くの人に
 ぼくらのことをかわいそうだと思ってもらえたと思う

 ぼくらはさ
 どの段階が人間の言う
 ちゃんと育ち切った状態なのか知らないけどさ

 やっと一人前になったかなって思った頃に
 突然トラックがやってきて
 育ててくれた人に手を振って見送られて
 知らないとこだけど恐ろしくて怖いってことは感じ取れる場所へ
 連れて行かれて
 怖くて足がすくんでると電気棒でお尻を叩かれて前へ進まされて
 額に電気ショックを当てられて気絶して
 目が覚めたら足の1本をヒモで縛られて逆さ吊りになってて
 なんだよやめてくれよってもがいてもとれなくて
 のどをズバッと切り裂かれて
 血がどくどくと流れ出して
 ぐるじい、、だずげで… と訴えてるのに
 足とか腕をどんどん切り落とされて体がバラバラになっていって
 意識はいつまでも残っていて…
 こんな一大事なのに誰も助けてくれないし
 育ててくれた人はもう知らん顔だし
 日本中の誰もが知らん顔

 みなさんにお初にお目にかかるのは
 スーパーのパックの中

 ちなみにどんなにバラバラにされても
 意識はちゃんと残ってるんだよ
 だれがどんな風にぼくらを飲み込んだのか
 見届けてるんだ
 胃袋の中に入って消化されたって
 意識は残っているんだよ

 まあそれは今はいいけれど

 ともかく
 そんな切ない最期よりも
 育ててくれた人が涙する目の前で
 血を出さずに殺されて
 運がよければ焼いてもらえ
 その手間がかけられない場合でも
 ちゃんと埋葬してもらえる
 手も足もくっついたまま埋葬されて
 手を合わせてもらえるんだ
 日本中の人からも
 かわいそうね、って思ってもらえる

 この病気で死ぬ方が
 ぼくらにとっては穏やかな気持ちで成仏できるんだ


 今回のできごとはさ
 世界中にいるぼくらの仲間で話し合って
 決めたことなんだよ

 この方法しかなかったんだ

 ぼくらの気持ちを伝える方法は
 これしかもう思いつかなかったんだ

 どんなにたくさんの人間たちに迷惑がかかろうとも
 もうぼくらにはこれしかなかったんだ

 ただ、わかってもらいたい一心だったんだ

 日頃、ぼくらがどんなに悲しい思いをしているのか
 ってことを…


 だからおねがい

 被害額がいくらだとか
 損失がどうだとか
 保障がどうだとか
 畜産業がどうなるとか
 他の業界への影響がどうだとか
 責任は誰にあるのかとか

 その心配をしながらでもいいです

 どうか問題の本質に目を向けてください

 いくら保障をしても
 畜産農家を支援しても
 地域を支援しても
 募金をしても

 問題の本質から目を逸らさないでください

 人間という生物は本当に栄養学的に
 ぼくらを日常的に食べないと生きていけないのか

 ぼくらに対するこのような残虐行為が
 人間どうしの争いに影響を及ぼしていることはないのか

 ぼくらを食べるために飼育することは
 地球の環境にとって最善なのか

 地球上では全ての人に行き渡る充分な量の穀物があるのに
 ぼくたちを養うためにそれが行き渡っていない
 ということはないのか

 ぼくらをこんな風に扱うことによって
 人間としての魂の成長は得られるのか

 …


 援助や募金をするのなら
 畜産農家さんたちが別の職業につけるように
 どうか支援してください

 屠殺業者さんが別の職業につけるように
 支援してください

 精肉業者さんが別の職業につけるように
 支援してください

 ぼくらが家畜制度から解放されるように
 環境を整えてください

 ぼくらを食物として扱わない
 新しい文明をつくる努力をしてください

 
 ぼくにしゃべれる魔法をかけてくれてありがとう


 ぼくらの気持ちをブログや日記、ツイッターなどで
 伝えてくれている多くのみなさん
 ありがとうございます

 
 最後まで読んでくれて
 どうもありがとうございました


 ぼくはうしです

そっぺ


 追伸:
 ひとつ言い忘れてたことがあったんだけど
 というか、本当は言ってたんだけど取り消してたことがあるんだ
 でも大切なことだからやっぱり言うことにしたよ

 それはね

 ぼくらは人間が大好きだってこと

 ぼくらはね
 人間が大好きなんだよ
 人間のために働くことが大好き
 重い物だって力持ちだから平気だし
 退屈な作業だって飽きずにできる

 一生懸命働いて人間の役に立って
 喜んでもらってかわいがってもらえると
 すっごく嬉しいしもっと役に立ちたいと思うんだ

 ぼくらが人間にできない仕事をやって
 人間たちがぼくらのお世話をしてくれるなら
 ぼくらは死んだあと人間たちに
 食べてもらうことも喜びのうちなんだよ
 ぼくらをかわいがってくれる大好きな飼い主さんが
 食べ物がなくてお腹を空かしているならば
 ぼくは喜んでこの身を捧げるよ

 ぼくらと人間はそういう関係だったんだと思うんだ

 大好きな人のためなら死ねる

 人間のみなさんもぼくらもその気持ちは同じだよ


 長くなっちゃったね
 読んでくれてありがとう

 また魔法をかけてもらって
 お話できたらいいな

 ありがとう


 うしより

 
[PR]
# by wakeup71 | 2010-05-25 20:46 | Comments(0)